波かぶり姫 波乗り婆あを目指すの巻

今は波にかぶられていても、いつかは波に乗ったイケイケ(当社比)の婆ちゃんになろう!

1月20日 水曜日

中途覚醒中にスマホを触り、アプリを弾き飛ばしたので、睡眠時間はよくわからない。中途覚醒の時間が長かった気がする。アブリを弾き飛ばした自覚が鮮明にあり、「ああ、いつもこうしてデータが消えているのか」と思った。

よくあるじゃん?「何でこうなったのかわからない」とかって。私など、ともすれば、他人に罪を押し付けたがる。こうして現行犯現場を目撃できるのは良い。

 

最近、上(空)を見ないと先日ここに書いた。今日はしっかり月を見た。天頂に近い位置で、建物に挟まれての月は、せせこましかったな。やっぱり、月たるもの、広々とした空で冴え冴えと冷たく輝いているのがよい。

 

忙しさに追われて、ともすれば、自分の理想の方法で色々なことが遂行できなくなる。でも、まだ、それぞれのことには改善の余地がある筈なんだなぁ。

基本、私は、突き詰めて考えることをしないで、その途中の無駄にも意味があると考える方なんたけど(例えば、電車内でぼぉっと風景や他の人を眺めているだけの時間とか。人生でも・・・)、本当に突き詰めて機械的な効率を考えた方がよいことも中にはある。特に単純な作業に関して。一度、テイラーみたいにきちんと考えてまとめてみよう。・・・でも、着手できるのは1ヶ月後位か。それまでは頭の中でのシミュレーションで。